Google Analyticsと連携する

公開日:2013年12月16日
 最終更新日:2014年1月25日

ウェブマスターツールとGoogle Analyticsは両者を関連付けることができます。そうすることでGoogle Analyticsのレポートにウェブマスターツールのデータが表示されるようになります。

連携するメリット

連携するとGoogle Analyticsで検索エンジン最適化の3項目(検索クエリ、ランディングページ、地域別サマリー)のデータを確認できるようになります。

Cooperation03

Googleアカウントのユーザーの検索はSSL検索となっています。そのためGoogleアカウントのユーザーの検索キーワードは、Google Analyticsでは「not provided(提供不可)」と表示されます。

しかし、ウェブマスターツールの検索クエリであれば、「not provided」のキーワードを確認することができます。Google Analyticsのフィルタ機能とウェブマスターツールの検索クエリを組み合わせることで効果的にアクセス解析を行なうことができます。

連携方法

管理サイトの一覧画面で連携させるサイトの右側の「サイト管理」をクリックします。表示されたポップアップから「Google アナリティクスのプロパティ」を選択します。

Cooperation01

次の画面で連携させるサイトを選びます。「保存」ボタンを押して完了です。

Cooperation02

Google Analyticsは、AdSenseとも連携することができます。連携することでGoogle AnalyticsでAdSenseの状況を確認できるようになります。

Google AnalyticsとAdSenseを連携して収益を分析する

Google Analyticsとウェブマスターツールと連携し解析材料を増やす


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/wmt-nar.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy004/single.php on line 69