日常的にウェブマスターツールで確認すべき項目

公開日:2013年12月19日
 最終更新日:2013年12月20日

ウェブマスターツールはサイトの状況を把握するのに適したツールです。このツールを確認することで問題に気がつくことも多々あります。

ウェブマスターツールにはたくさんの機能がありますが、すべての項目を毎日チェックする必要はありません。日常的にチェックすべき項目としては、ダッシュボードに示される次の4つの項目を確認しておけば十分でしょう。

Dashboard01

  • 新しい重要メッセージ
    マルウェア感染やガイドラインに違反した時、Googleからメッセージが届きます。
  • クロールエラー
    サイトをクロールした時にGoogleが見つけることのできなかったURLやHTTPエラーコードが返されたURLを確認することができます。
    クロールエラーに対応する
  • 検索クエリ
    サイトのページが検索結果に表示された回数とクリックされた回数が表示されます。
    検索クエリのデータをサイト改善に活かす
  • サイトマップ
    Googleに送信したページ数とインデックス済のページ数が表示されます。

これらの項目に変化が見られた場合、なにか問題が発生した可能性があります。その他の項目はもう少し間隔を開けてチェックする程度で良いと思います。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/wmt-nar.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy004/single.php on line 69