ウェブマスターツールで行えるサイト改善

ウェブマスターツールはサイトの改善に欠かせないツールです。ここでは具体的にどのような項目が役立つのか紹介します。 サイトの改善 サイトの改善には次の項目が役立ちます。 HTMLの改善 この項目ではメタデータとタイトルタグ・・・

コンテンツキーワードでサイトテーマを確認する

ウェブマスターツールの「コンテンツキーワード」の項目では、Googleが検出したキーワードの一覧が確認できます。 順位が高いキーワードほどGoogleがサイトの中で重要であると認識しているキーワードです。キーワードの順位・・・

Fetch as Googleでインデックスの登録を促す

Fetch as Googleを使うと、送信したURLをGoogleにインデックス登録するように促すことができます。開設して間もないサイトの場合、1日経ってもクローラが訪れないことがあります。このようなときに、Fetch・・・

クロールの統計情報を確認する

「クロール」の「クロールの統計情報」の項目では、過去90日分の1日あたりのクロールされたページ数などをグラフ形式で確認できます。 クロールの統計状況はサイトの健全性を確認する指標になります。サイトが健全な状態であれば毎日・・・

「インデックスステータス」でインデックスの状況を確認する

「Googleインデックス」の「インデックスステータス」の項目では、インデックスに登録されたページの情報などを確認することができます。この情報を確認することで、Googleがサイト内をクロールしてキチンとインデックスに登・・・

ウェブマスターツールで内部リンクの状態を確認する

「検索トラフィック」の「内部リンク」の項目では、それぞれのページについている内部リンクの数を確認することができます。 サイトは複数のページで構成されますが、それぞれのページの重要度は異なります。重要なページほどリンクが集・・・

「サイトへのリンク」で被リンクを調べる

「検索トラフィック」の「サイトへのリンク」では、管理サイトのリンクに関する状況を確認することができます。リンク状況の把握は、SEOを行なう上で欠かせません。特に不自然リンクの警告を受けた時は被リンクの精査に大いに役立つで・・・

「HTMLの改善」で問題を把握する

「検索のデザイン」の「HTMLの改善」では、Googleが検出したサイトの問題が表示されます。 このページで表示される問題は次の3つです。 メタデータ(description) 重複する、長すぎる、短すぎるなどしているメ・・・

構造化データの状況を確認する

サイトのデータを正しくGoogleに認識してもらうのはとても重要な事です。「検索のデザイン」の「構造化データ」の項目では、Googleがサイトに実装している構造化データをどのように認識しているのかを確認できます。 レポー・・・

データハイライターを使ってサイトを正しく認識してもらう

データハイライターは、サイトのデータをGoogleに認識させやすくするためのタグ付けをするツールです。この作業は直接、検索順位に影響するものではありませんが、Googleにサイトデータをより正しく認識させるのに役立ちます・・・


サブコンテンツ

このページの先頭へ