ウェブマスターツールで行えるサイト改善

公開日:2013年12月19日

ウェブマスターツールはサイトの改善に欠かせないツールです。ここでは具体的にどのような項目が役立つのか紹介します。

サイトの改善

サイトの改善には次の項目が役立ちます。

  • HTMLの改善
    この項目ではメタデータとタイトルタグの問題が確認できます。この2つを改善することでユーザーの利便性と検索順位が上る可能性があります。
    「HTMLの改善」で問題を把握する
  • コンテンツキーワード
    Googleがどのキーワードをサイト内で重要視しているのかを確認できます。サイトのターゲットキーワードが上位にない場合は、コンテンツ計画の再検討が必要です。
    コンテンツキーワードでサイトテーマを確認する
  • データハイライター
    サイトの構造化データをGoogleに伝えることができます。Googleがサイトを正しく認識する手助けとなります。
    データハイライターを使ってサイトを正しく認識してもらう
  • 手動による対策
    Googleのサーチクオリティチームが手動ペナルティを行った場合、手動ペナルティを行ったことをこの項目で通知してきます。再審査リクエストを送信してペナルティを解除してもらう必要があります。手動による対策でペナルティを確認する
  • クローラエラー
    クローラが確認できなかったURLが表示されます。サイトエラーは深刻なものである場合が多いので早急な対応が必要です。クロールエラーに対応する

Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/wmt-nar.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy004/single.php on line 69