手動による対策でペナルティを確認する

公開日:2013年12月19日

Googleがガイドラインに違反する行為(スパム行為)を検出した場合、手動対策を行って順位を下げる、インデックスから削除するといった対応を行うことがあります。手動対策を受けたかどうかは、「検索トラフィック」の「手動による対策」の項目で確認できます。

manual_action01

対象となるスパム行為

次のようなスパム行為に対してGoogleが手動対策を行った場合、「手動による対策」に表示されます。

  • クローキング/不正なリダイレクト
  • ハッキングされたサイト
  • 隠しテキスト/キーワードの乱用
  • 悪質なスパム
  • スパム行為のある無料ホスト
  • 価値のない質の低いコンテンツ
  • サイトからの不自然なリンク
  • サイトへの不自然なリンク
  • このサイトへの不自然なリンク – 影響のあるリンク
  • ユーザー生成スパム

Googleガイドラインが禁止するスパム行為

手動対策の内容

「手動による対策」の項目で示されるGoogleが行なう対応には、次の2種類があります。

  • サイト全体の一致:サイト全体に手動対策が適用される
  • 部分一致:一部のページに手動対策が適用される

また、手動対策を適用した理由とサイトの該当部分も示されます。

内容を確認したら問題に対処し、Googleに再検査をリクエストしましょう。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/wmt-nar.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy004/single.php on line 69